袖ひちてむすびし水のこほれるを

春立つけふの風やとくらむ

−紀貫之


袖を濡らして、掬った水が凍ってしまったのを、立春を迎えた今日の風が解かしてくれるのでしょうか。


古今和歌集の筆頭撰者であった紀貫之(870年頃〜945年頃)は、日本で初めての勅撰和歌集において、この和歌を第2首目に置きました。自身の歌を1首目に置かなかったことには、多少の謙譲の意味もあったかと想像されますが、それでも2首目に置く歌には余程の自信と、今後の和歌の手本として、その指針となるものを選んだに違いありません。


先学では、貫之のこの和歌は中国の『礼記』に見られる「孟春の月、東風氷を解く」を踏まえたもので、春を迎えた喜びを表したものだとの指摘があります。また、この歌は「三季の説」といって、水を掬った夏、それが凍った冬、そしてそれを解かす春、これら三つの季節の動きを上手く詠み込んだ歌だとして、今なお多くの注釈で説明されています。


しかし「水を掬う行為は夏に限るものではない」として、これに疑問を唱えたのが江戸の国学者の契沖でした。たしかに貫之の和歌には、季節のはっきりしないものも多くあることから、この歌を季節性のみで味わうのは少しもったいない気がします。たとえば、和歌中で用いられた「むすびし」という語は、往々にして「掬う」という意味で訳されます。ただ、その言葉の縁として「結ぶ」というイメージも同時に浮かび上がらせてきます。和歌の魅力というのは、その言葉の響きによって解釈の境を如何ようにも拡げてくれるところにあります。この歌の場合、私にとってはただの迎春の喜びを詠ったものではなく、袖を濡らして掬った水が凍ってしまったのはなぜか、その水に涙を重ねて詠んでしまいます。そして「結ぶ」という言葉の縁から、その心を凍らした寂しさまで慮らせるのです。



貫之のこの和歌は、平安時代の中頃に成立した『和漢朗詠集』の巻上「立春」にも秀歌として収めされました。『和漢朗詠集』とは、藤原公任(966〜1041)が朗詠に適した漢詩や和歌を選出し編纂した詩文集です。漢詩では白楽天が、そして和歌では貫之が最も多く選出されています。公任は美しい料紙を用意し、そこに藤原行成を伝承筆者とする流麗な筆にて和歌と漢詩を織り交ぜて清書させました。そしてそれを娘の結婚の際の引出物として贈ったのです。楷書、行書、草書、そして仮名。異なる書体を用いながらも違和感は微塵も感じられず、紙面は美しく調和しています。現在、この名筆は宮内庁が所蔵しており、のりで綴じられたことを意味する「粘葉(でっちょう)」の語を冠して『粘葉本和漢朗詠集』の名で呼ばれています。


さて、侘び茶の祖といわれる珠光が、茶の湯における一大事として次のような言葉を残しました。


「和漢のさかいをまぎらかすこと肝要」(『心の文』より)


これは和と漢の両者に境をつけるのではなく、それを調和させようとする姿勢が大切だと説いたものです。この考えは文学にも派生し、『和漢朗詠集』こそ王朝貴族が残した和漢兼帯の教養だとして、室町時代から江戸時代初期にかけてとくに愛好されました。そしてそこには、様々な書体を学べることから書道教科書としての意義も加味されていきます。また、その後は書が上手いことを表す「能書」と評価された人物たちが独自の書法で『和漢朗詠集』の手本を書いたり、天皇家や公卿、僧侶などの手によっても数多くの『和漢朗詠集』が出典の書跡が残されていきました。それらはのちに茶掛として大切に表具され、今日まで数多くの床の間を彩っているのです。


(根本 知)



※ 本日より、根本知さんインタビュー「ひとうたの書」を4日連続で公開します。

  ぜひ合わせてご覧ください。

※第十首は、2021年7月22日(木)に公開予定です。



うたと一服



祇園祭に合わせて作られる、京都の和菓子です。平安から続く祭と、同時代に生きた歌人に思いを寄せて。


稚児の袖(京菓子司 末富)


(山平 昌子)



表具:パネル表具 蝶に二葉葵文様段金紗


同様の作品を、ご希望の歌やお手持ちの裂地で作成いたします。

お気軽にご相談ください。