さび

見渡せば 花も紅葉もなかりけり 浦の苫屋の秋の夕暮れ

−藤原定家



見渡したところ花も紅葉もここにはない。ただ入り江に佇む苫ぶきの粗末な小屋に、秋の夕暮れがさしている。

この和歌に草庵の茶の湯の理想を見出したのが、『南方録』によって利休の師として伝えられる茶人、武野紹鷗(1502〜1555)でした。かれは日本書道の歴史においても重要な立ち位置にあります。なぜなら、それまでの床の間の掛け物には僧侶の書、いわゆる墨跡を掛けるのが一般的でしたが、紹鷗は茶席において定家の自筆「小倉色紙」を掛けたからです。それは後に利休にも影響を与え、しだいに茶席には歌物を掛けてもよいという風潮となっていきます。


紹鷗はなぜ定家の書を茶席に用いたのか。そこには定家の眼差しに対する尊敬の念があったからだと私は考えます。紹鷗は若き頃、室町きっての文化人であった三条西実隆から歌道の極意ともいうべき定家の『詠歌大概之序』の講義を聞き、茶の湯の極意を悟ったといいます。

「情(こころ)は新しきをもって先となす。 」

和歌の心は、つねに人がいまだ詠んでいない情を求めてゆくものです。

「詞(ことば)は旧きをもつて用ゐるべし。 」

しかし扱うことばは、その道の先輩や先学の者の用いるところを出てはならないといいます。あえて分かりにくい言い回しにしたり、格好ばかりの造語などはもってのほかです。誰もが知る、平易なことばを用いながらも、それまで誰も詠まなかったこころを詠む。はじめに挙げた定家の「見渡せば〜」は、まさにそれを体現した一首でした。



「花も紅葉もなかりけり」というのは、花や紅葉の美しさを多数詠ってきた古今和歌集の、ある意味での否定だったのでないかと、私は捉えています。古今集以後も多くの勅撰和歌集が編まれてきましたが、同じような視点で詠まれたものや本歌取りも多く、「新しき情」を詠み込むのは容易ではなかったようです。そんな中、定家は花や紅葉を聞き手にイメージさせながらもそれを取り除き、そして粗末な小屋に秋の夕暮れがさす情景に 新しき情を詠み込んだのです。

ところで、国文学研究では「さび」というものを、苦悩であったものがその後、空寂感へと移りゆくさまと説明しました。「空寂」とは煩悩を消し去った悟りの境地のことですが、定家の苫屋に向けた眼差しはまさにそれを想起させます。31歳のときに堺にて剃髪し、その後は「紹鷗」を号して茶の湯に専念していったかれは、きっとこの定家の思想を心に留めて茶の道を邁進していったのでしょう。


(根本 知)


 

※第三首は、2020年11月23日(月)に公開予定です。



うたと一服



静かな秋の夕暮れを思いながら、落ち葉のような飴細工を選びました。繊細なひとひらが、舌の上で儚く溶けていきました。



有平糖「照葉」(紫野源水)


(山平 昌子)


表具:薄墨染め鳥の子・緞子

価格:八万円(税別)

(表具のみの価格。掲載の茶道具や花入等は含みません)


本サイトに掲載された表具のご購入を希望される方は、

hitouta2020@gmail.com

または問い合わせ画面よりご連絡ください。


同様の作品を、ご希望の歌やお手持ちの裂地で作成することも可能です。

お気軽にご相談ください。

【お知らせ】

 ひとうたの茶席では、みなさまの「うたと一服」を募集しています。お好きな和歌や俳句にお茶、お菓子、お道具などを取り合わせた気軽な一服のお写真に、


#うたと一服


のハッシュタグを付けて、FacebookやInstagramに投稿してください。


お選びになった歌等と、可能でしたらその歌を選んだ理由や一服に関するエピソードを記載頂けると大変嬉しいです。


投稿は順次「ひとうたの茶席」のFacebookページでご紹介させていただきます。


・和歌や俳句の他にも、漢詩や詩、歌詞、好きな言葉でも。 ・多作・自作問いません。 ・選んだ言葉を記した書や軸はあってもなくてもかまいません。 ・お抹茶に限らず、紅茶や珈琲も大歓迎です。


2020年12月21日までに投稿してくださった皆様の中から抽選で1名様に、愛媛県松山市より「西岡菓子舗」の「つるの子と季節のお菓子詰合せセット」をお送りいたします。


みなさまのご投稿、お待ちしております。


  • Facebook ブラックアイコン
  • Instagram ブラックアイコン
©︎2020 ひとうたの茶席